COL: CSS:



ブラウザベース対話型インタフェース

ブラウザベース対話型イ..SQL 言語対話型インタフェース

iSQL*Plus

iSQL*Plus とは,SQL*Plus 同様 Oracle Database のインストール時にインストールされるブラウザベースの対話型インタフェースのアクセスツールで,専用のコマンドにより Oracle データベースへのアクセスを提供する。下記のようなことが実行可能。ただし,SYSDBA や SYSOPER といったデータベース管理者権限ではログインできないため,データベースの管理操作はできない

  • 問合せ結果の書式設定 / 計算の実行 / 格納 / 印刷
  • 表定義およびオブジェクト定義の検証
  • バッチ・スクリプトの開発および実行

ブラウザで iSQL*Plus を起動するには,以下の URI を入力する。

/* Code030201: iSQL*Plus の起動 */

http://(ホスト名):(ポート番号)/isqlplus

URI のポート番号は,デフォルトで 5560。確認したい場合は,以下のパスのファイルで確認可能。

/* Code030202: デフォルト・ポート番号の確認先 */

$ORACLE_HOME/install/portlist.ini

iSQL*Plus アプリケーション・サーバ

iSQL*Plus を開始するには iSQL*Plus アプリケーション・サーバが実行されている必要がある。iSQL*Plus アプリケーション・サーバを起動 / 停止する方法は以下の通り。※ ただし,コマンド入力による起動で isqlplusctl と入力して起動するには,$ORACLE_HOME/bin ディレクトリへのパスを OS に登録しておく必要がある。

  • UNIX 環境での起動 / 停止
    1. 端末を起動する。
    2. [起動] 以下のコマンドを入力する
      $isqlplusctl start
    3. [停止] 以下のコマンドを入力する
      $isqlplusctl stop
  • Windows 環境での GUI 操作による起動 / 停止
    1. 「スタート」→「プログラム」→「管理ツール」で,「サービス」を選択。
    2. [起動] OracleOracleHomeNameiSQL*Plus という iSQL*Plus Windows サービスを検索し,Windows サービスを開始する
    3. [停止] OracleOracleHomeNameiSQL*Plus という iSQL*Plus Windows サービスを検索し,Windows サービスを停止する
  • Windows 環境でのコマンドラインによる起動 / 停止
    1. コマンドプロンプトを開く
    2. [起動] 以下のコマンドを入力する
      %isqlplusctl start
    3. [停止] 以下のコマンドを入力する
      %isqlplusctl stop