COL: CSS:



Optimal Flexible Architecture

Optimal Flexible Archi..Oracle Universal Insta..

Optimal Flexible Architecture (OFA)

Optimal Flexible Architecture (OFA) とは,コンピュータ上で Oracle ディレクトリやファイルを編成する際従わねばならない一連のガイドラインで,下記目的で設計されている

  • デバイスのボトルネックとパフォーマンス低下を防止するため,複雑な大型ソフトウェアやデータをディスク上で編成する。
  • ソフトウェアとデータのバックアップなど,データを破損しがちな日常の管理作業を容易にする。
  • 複数の Oracle データベース間での切替えを容易にする
  • データベースの規模の拡大を詳細に管理する。
  • データ・ディクショナリの空き領域の断片化を排除し,他の断片化部分を分離してリソースの競合を最小限に抑える。

環境変数

Oracle Database を使用するには,Oracle Database の環境変数 / パラメータ / ユーザー設定をする必要がある。ここでは“環境変数”について特に重要な 4 つを取り上げる。なお以下の 4 つは Oracle データベースインストール中に定義されるため,事前定義しなくてもよい。

ORACLE_BASE
Optimal Flexible Architecture (OFA) に準拠したインストールのディレクトリ構造の基本となるディレクトリを指定する。
ORACLE_HOME
Oracle ソフトウェアが格納されているディレクトリを指定する。
ORACLE_SID
Oracle システムのインスタンス識別子 SID (System IDentifer) を指定する。
NLS_LANG
クライアント環境の言語 / 地域 / キャラクタセットを指定する。NLS_LANG で指定するキャラクタ・セットは,端末または端末エミュレータのキャラクタセットと一致している必要がある。NLS_LANG で指定されたキャラクタセットがデータベースのキャラクタセットと異なる場合,そのキャラクタセットは自動的に変換される。